生活保護申請はハードルが高いと感じたら代行業者にまずは相談

生活保護

CONTENTS

生活保護申請は恥ずかしいことではありません

赤ちゃんを抱っこする

人間誰しも、病気等で働くことができなくなり、生活に困ってしまう可能性があります。そういった時に、生活を助けてくれる国の制度として生活保護があります。生活保護申請を行うことは恥ずかしいことだという人もいますが、決してそんなことはありません。海外の話になりますが、有名なベストセラー作家も生活保護を利用して、その後素晴らしい作品を生み出した過去があります。困った人を救済する制度なので、精神が追いつめられる前に生活保護申請を行うことをおすすめします。
また、生活保護申請は車や自宅があるとできないのではないかという話もよく聞きますが、そんなことはありません。地域によっては電車等の交通手段も無く、車が生活必需品ということがあると思います。そういったことを考慮し、車や自宅があっても生活保護を受けられる場合もあります。
まずは、地域の市役所や役場の福祉課といった生活保護の担当課に相談してみてください。現在の生活状況や資産状況、毎月の支出や借金の有無、家族状況等詳細に聞き取りがあります。その際に、車や自宅があっても生活保護申請の対象になるのか確認してみると良いです。家庭訪問調査も行われて、生活状況を確認した上で生活保護受給の判断は行われます。気になることがあれば、担当課に聞いてみましょう。

PICK UP

TOP