生活保護申請はハードルが高いと感じたら代行業者にまずは相談

生活保護

CONTENTS

生活保護申請をするための条件とは?

手のひらのハート

いよいよ生活に困ってしまったら、最終手段となるのが生活保護申請なのではないでしょうか。思いきって、国の制度を活用するという選択は賢明ともいえます。ただ生活保護費は誰でももらえるわけではありません、申請するための条件として以下のようなものがあります。まず世帯収入が最低生活費よりも少ないことがあげられます。さらに持ち家や車などの資産を持っていないことも、申請の条件にあげられます。そして働くことができないという条件もあります。
たとえば身体的あるいは精神的な病気があったり、けがをして働くことが出来ない場合などに該当します。さらに、国からの公的融資や公的制度を使っていないことも、生活保護申請の条件に該当するのです。上記の条件を満たして、なおかつ、最低生活費よりも世帯収入が少ない場合に、生活保護を申請することが可能になるのです。
実は保護を受けたいけど、周りに良い顔をされなかったとか、どうやって申請すればよいかわからないという方が少なくありません。弁護士や行政書士が滞在している法務事務所のなかには、そのような方のために生活保護申請の代行をしてくれるところがあります。もちろん相談は質問は無料でできます。メールや電話で受け付けていますので、少しでも気になったら、利用してみるとよいのではないでしょうか。

受け身になりがちな生活保護申請は代行しよう

もしかして生活保護という言葉に、マイナスなイメージを持つ方もいるかもしれません。ただ生活保護制度は、国の憲法で認められている大切な制度になるのです。憲法第25条は、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と記載されています。この健康で文化的な最低限度の生活費を支給するのが、生活保護制度なのです。人間誰でも順風満帆な人生を送れるわけではありません。ときには、病気やけがで働けなくなることがあります。
また事情があって配偶者と離婚したり死別したりすることがあります。そのような予期せぬ事態のなか、生活が困窮したり働けなくなったときに、役に立つのが生活保護制度になります。しかし、申請はどうしても複雑な手続きが必要になりますし、担当の人がついて面接することになるので、受け身になりやすいと言われています。
生活保護申請の手助けが欲しいときは、申請代行の手続きをしてくれる法律事務所があります。独りだと試してみるのが難しいのが生活保護申請ですので、このような申請代行会社を活用するという方法をとる方も多いです。一度自治体に申請したけど、生活保護申請できなかったという場合でも、代行を頼むことで申請可能になるケースもあります。

生活保護申請に関する気になる疑問

事情があって生活保護を受けたいけど、いくつか気になる疑問があるという場合があるのではないでしょうか。最低限度の生活を送ることを保障してくれる生活保護申請ですが、家にペットを飼っている場合申請の対象になるのでしょうか。生活保護法においてペットの飼育は禁止となっていません。ペットはぜいたく品とはみなされませんので、ペットがいても安心して申請することができます。またネットカフェに住んでいて、住所が決まっていない場合などうなるの?と気になる方もいるでしょう。
こちらも、生活保護申請を受けることが可能になります。決まった住所がなくても、まず今住んでいる地区の管轄の福祉事務所に出向いて申請することができます。ほかにも不動産を所有していたり、家賃が高い家に住んでいても、条件がありますが、申請可能な場合があります。
さらに基本的には車の所有は不可ですが、場合によっては認められることがあります。もしもわからないことがあったり、一人で申請するのが不安であれば、生活保護申請に詳しい専門家の助けを借りるという方法があります。相談だけなら無料ですし、エキスパートがついているのでスムーズな申請が可能になります。なによりも一人で悩まないで相談することで安心できるのではないでしょうか。

PICK UP

TOP